ほげほげ情報局

5chで話題の最新情報をお届けします。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

1 風吹けば名無し 2020/05/13(水) 22:20:02.37ID:YEfe4fB40
「公明党の山口那津男代表が次の総理という流れが生まれている」

「来年10月には衆院の任期満了を迎える。安倍首相の高い支持率という追い風がなくなって、自民党議員は次の選挙では公明党の票に頼らなければならない。
その公明党は安倍政権を見限っており、ポスト安倍の与党体制は非安倍政権の枠組みに向かう可能性が高まっている。

 そこで浮上するのが山口総理です。かつて自民党は社会党の村山富市氏を総理に担ぐことで政権復帰した。公明党を連立につなぎ止めるためにも、山口氏を首相に担ぐ構想です」

 コロナの経済対策では公明党の山口代表と二階俊博・自民党幹事長が政府の方針をひっくり返して10万円支給を決め、主導権を握った。あれが“非安倍”自公政権への布石だったと見られている。

 安倍首相がコロナとの戦いに“戦意喪失”したきっかけも、その時の山口代表の言葉とされる。

「国民を取るか、政権を取るかと聞かれたら、わが党は国民を取る」。山口氏はそんな言葉で公明党の連立離脱を示唆し、首相に10万円支給を迫ったと与党内に伝わっている。

次の総裁選に出馬を目指している石破茂氏や岸田文雄氏、河野太郎氏らは乱戦になることが予想され、話し合いで一本化できる可能性はない。
無理に総裁選に突入すれば、自民党の親安倍勢力と反安倍勢力が二分する戦いになり、とても危機対応どころではなくなる。

そうなると、ここでも自民党が総裁選を実施するまで「山口総理」のワンポイント登板が有力な選択肢になる。

 憲政史上初の公明党内閣は、果たして“救国内閣”となるか、それとも自民党の人材不足による“破れかぶれ”の選択か。
https://www.news-postseven.com/archives/20200513_1561324.html?DETAIL

【自民党大物議員「安倍辞任で次期総理は公明山口那津男という流れになっている】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

1 風吹けば名無し 2020/05/13(水) 21:59:50.33ID:KcDg09X60
https://imgur.com/aVtz0iP


23巻で終了

【鬼滅の刃、完結確定】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

1 ドルジ ★ 2020/05/13(水) 21:41:43.13ID:3oueXUc09
※統一まで100年

2020年5月13日、韓国・マネートゥデイは「昨年7月に日本が対韓国輸出規制を強化したことをきっかけに始まった日韓貿易紛争が再び岐路に立った」と伝えた。

記事によると、韓国政府は12日、輸出規制問題をめぐり日本政府に対し5月末までに解決案を提示するよう求める談話を発表した。
韓国政府はこれまでにも繰り返し「輸出規制の原状回復」を要求してきたが、期限を設定したのは今回が初めてという。

これについて記事は「これ以上は待てないという強い意思表示であり、事実上の最後通告だ」とし、
「日本が要求に応じれば約1年続いた貿易紛争は終止符を打つが、応じなければ実質的な対抗措置が取られるだろう」と予想。

その上で「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄や世界貿易機関(WTO)への提訴の手続きが再開される可能性がある」としている。

韓国は昨年11月、GSOMIA失効直前に「日本が輸出規制解決に向けた対話に応じる」ことを条件に「GSOMIA終了の猶予」を発表した。
これにより対話が再開し、WTOへの提訴手続きも中断されていた。

記事は「日本の輸出規制措置が7月1日以前の状態に戻らなければ、
日韓の対立が最高潮に達していた昨年11月以前の状態に戻ってしまう可能性が高い」と指摘している。

https://www.recordchina.co.jp/b805381-s0-c10-d0058.html

【【国際】韓国「輸出規制を今月中に撤回しないとGSOMIA破棄も」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

1 ニーニーφ ★ 2020/05/13(水) 21:28:01.91ID:YhcbRAzj9
 角界で最初に新型コロナウイルスへの感染が確認された高田川部屋の三段目力士、勝武士さんが、1カ月以上に及ぶ闘病の末、28歳の若さで亡くなった。
関係者によると、糖尿病を患っていた。

 日本相撲協会によると、4月4〜5日に38度台の発熱があり、師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)らが保健所や近隣の病院に電話などで何度も問い合わせた。
当時は感染者数の増加傾向が続いており、東京都内の医療機関も逼迫(ひっぱく)していた。入院できたのは8日夜になってからで、血たんが出るまで症状は悪化していた。

 同じ二所ノ関一門の部屋持ち親方の一人は、突然の訃報を「本当にびっくりした」と受け止めた。
師匠の立場から「自分の子どもが亡くなったような気持ちだろう」と、高田川親方の心中を推し量る。

 この親方は弟子に状況を説明し、その上で「決して病院や保健所は悪くなく、時期が悪かったとしか言えない。だから(コロナを)甘く見ては駄目だ」と改めて注意喚起した。
テレビ出演する専門家の話を参考に部屋の中でもマスク着用を徹底させるなどの対策を講じて、「わが子」を守る。

 別の師匠は、約20人いる弟子の半数が基礎疾患を抱えているといい、「怖いとしか言えない。消毒にも限度があるし、切りがない」と不安は隠せない。

 高田川部屋でも外出自粛を徹底するなどしていたが、複数人が感染した。
集団生活が基本の相撲部屋にとっては、改めてウイルスの恐ろしさが身につまされる悲劇になった。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00000100-jij-spo

【【相撲】勝武士死去のニュースに、部屋持ち親方たちが恐怖心 ある部屋では20人いる弟子の半数が基礎疾患抱える】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

1 風吹けば名無し 2020/05/13(水) 21:01:37.94ID:oKJkkmby0
葦名のことを本当に考えていたのに…

【【悲報】SEKIROの葦名弦一郎、かわいそう】の続きを読む

このページのトップヘ